Useful Resources 授業に使える素材など

Jolly Phonics/ Jolly Grammarを教えるうえでのリソース集

1.42レターサウンズ(アメリカ英語版)
Jolly Phonicsには基本となる42のレターサウンズというものがあります。
日本語におけるあいうえお表と思ってもらっていいと思います。
どのような文字がどのような音なのか、このYoutubeビデオで確認することができます。

2.42レターサウンズ(イギリス英語版)

3.42レターサウンズのワークシート
http://jollylearning.co.uk/gallery/cartoonito-activity-sheets/
レターサウンズのワークシートが無料で手に入ります。

4.レターズアンドサウンズ
システマティック・シンセティック・フォニックスの教え方について詳細に記載されたもの。
イギリスの教育省のサイトにある無料冊子です。
https://www.gov.uk/government/publications/letters-and-sounds

5.英語のコード一覧表
英語にはどのような音があるのか、それを表すgrapheme(音をあらわす文字)にはどのようなものがあるのか。一覧になっています。
イギリスのReading Reform Foundationサイト内にあります。
http://www.rrf.org.uk/pdf/DH%20Alph%20Code%20with%20teaching%20points%20PLAIN%20A4x7-1%20final%20version.pdf

6.無料デコーダブルブックス
オーストラリアのSPELD SAさんのサイトhttp://www.speld-sa.org.au/内に、無料のデコーダブルブックスが上がっています。
なんと第一グループを学習し終えたころから読むことができます。
http://www.speld-sa.org.au/services/phonic-books.html

7.半筆記体のフォント
Jolly Phonicsで使われている半筆記体のSasoon Fontsを使いたい場合はこちら。
有料ですが、これがあると、ワークシートが自分で作れます。
http://www.sassoonfont.co.uk/

8. Jolly Phonics Letter Sounds App
Jolly Phonicsの42のレターサウンズの学習ができます。
授業でも使えます。
https://itunes.apple.com/gb/app/jolly-phonics-letter-sounds/id897894552?mt=8

9.Magic e ソング
Magic eの導入に